IMG_0166.jpg


IMG_0165.jpg


IMG_0170.jpg


IMG_0173.jpg








スポンサーサイト



IMG_0165.jpg


IMG_0160.jpg


IMG_0159.jpg


IMG_0157.jpg








IMG_0148.jpg


IMG_0155.jpg


IMG_0156.jpg


IMG_0166.jpg









IMG_0145.jpg


IMG_0151.jpg


IMG_0154.jpg


IMG_0158.jpg

IMG_0143.jpg










IMG_0149.jpg


IMG_0139.jpg


IMG_0140.jpg


IMG_0153.jpg







IMG_0126.jpg


IMG_0125.jpg


IMG_0137.jpg


IMG_0139.jpg








IMG_0146.jpg


IMG_0138.jpg


IMG_0135.jpg


IMG_0144.jpg








木曽路はすべて山の中である。文豪・島崎藤村の故郷であり、小説「夜明け前」の舞台としても有名な『馬籠宿』には、江戸時代の宿場町の風情があふれています。木曽11宿のひとつで、美濃との境目にあり、石畳が連なる急な坂道を挟んで、民家が建ち並ぶ情緒あふれるスポットです。大名の宿所として旅籠や飲食店が軒を連ねた歴史を持ち、今も多くの観光客で賑わっています。
妻籠宿は中山道と飯田街道の分岐点に位置し、古くから交通の要所として栄えた。昭和43年に町並みの保存が始められ、昭和51年に国の重要伝統建造物保存地区に選定される。全長約500mの町並みは、江戸時代にタイムスリップした感じで、どれも当時の面影を残し、懐かしさと郷愁を感じる情緒いっぱいの宿場町。





IMG_0127.jpg


IMG_0128.jpg


IMG_0129.jpg


IMG_0126.jpg


IMG_0132.jpg


IMG_0131.jpg







IMG_0036.jpg


sirakawa7.jpg


IMG_0051.jpg


IMG_0046.jpg










IMG_0061.jpg


IMG_0028.jpg


IMG_0044.jpg


sirakawa8.jpg